_sz_5026ss

備えあれば憂いなし! phenixのレインウェアで梅雨時期も快適に。

 Product

高温多湿な日本で過ごすうえで2,3着は備えておきたいのがレインウェア。それもできれば水にも蒸れにも強い高機能なウェアが望ましいところです。phenixでは多様な用途に合わせて開発された、バリエーション豊富なレインウェアを展開中。トレッキングやフェス、キャンプからタウンユースまで、幅広いシチュエーションで活躍するレインウェアで、これからの時期を快適に乗り切りましょう。

_sz_5063ss

アウトドアウェアの機能説明を見ていると、よく“防水性”や“撥水性”という言葉を目にしますが、前者は文字通り水の侵入を可能な限り防いでくれる性能。対して後者は“防水性”には及ばないものの、しっかり水を弾いてくれる性能を指します。本格的なアクティビティでの着用を考えると“防水性”を備えたレインウェアの着用が望ましいですが、日常生活での着用なら“撥水性”でも十二分な場合も。いずれにしろ、このどちらかの機能を備えたレインウェアがあれば、梅雨時期も安心なうえ、アウトドアアクティビティにも転用できます。
写真は下でも紹介する「Bergalga 3L Jacket」に採用されている先端素材「DRY VENT®」。ご覧の通り水の侵入をしっかり防いでくれているのはもちろん、通気性にも透湿性にも優れているので、あらゆるシーンで活躍してくれるはずです。

_sz_5033ss
ジャケット:Bergalga 3L Jacket/シャツ:Rippled Gingham L/S Shirt/パンツ:Bergalga 3L Pants/キャップ:Seil Work Cap/その他:すべてスタイリスト私物

トレッキングをはじめとする定番のアウトドアアクティビティには、やはり防水透湿性に優れたレインウェアが鉄板。こちらのジャケットは通気性にも優れているので、激しく動いても蒸れにくいうえ、不意の雨に降られても水の侵入をしっかりシャットアウトしてくれます。また人間工学に基づいた立体的なパターンのおかげで、どんな動きにもストレスなく対応してくれるのはもちろん、余分なダボつきも生まれにくいので精悍な雰囲気に着こなせるのも魅力です。

_sz_5040ss
ジャケット:South Rim 2.5L Poncho/シャツ:Trient Shirt/ハット:Broad Booney/バッグ:DEOSEAM® Stuff Bag(5L)/その他:すべてスタイリスト私物

フェスやキャンプと言った夏場のレジャーシーンにはレインポンチョがおすすめ。軽快に動き回りたいけど見栄えも意識したいし、天候が崩れても臆せず楽しみたい…。そんなお悩みを解消するのにポンチョはまさにうってつけのアイテム。30ℓ前後のザックなら背負ったままでも着用できるリラックスシルエットなので、荷物を持ったままでもフラストレーションなく動き回れるはず。しかも持ち運びに便利なポケッタブル仕様です。

_sz_5046ss
ジャケット:EPIC® Wind Jacket/シャツ:Rippled Gingham L/S Shirt/その他:すべてスタイリスト私物

せっかくの休日だから街中へ遊びに出かけたいけど、どうも朝から天気が優れない…。そんな時は傘がわりにポケッタブル仕様のレインウェアを携行しておくのが◎。こちらのウィンドジャケットは、ミリタリーウェアなどにも採用されている超撥水加工素材「EPIC®」を使用し、耐久疎水性能を備えた優れもの。通気性があるので蒸れにくいうえ、少々の雨なら濡れとも無縁です。

_sz_5050ss
ジャケット:Fern 2.5L Coat/その他:すべてスタイリスト私物

ひと口に“レインウェア”と言っても種類は様々。最近ではアウトドアアクティビティ向きに開発された機能素材を使いながら、タウンユースやトラベルシーンにも着回せる、デザイン性にも優れたレインウェアが豊富にラインナップされています。こちらのレインコートはその好例。防水透湿性を備えた先端素材「DRY BARRIER®」を使用した本格派ながら、トレンドも意識したデザインワークのおかげで、休日のカジュアルスタイルにも溶け込む洒脱な外観に。フードは着脱可能だし畳めばコンパクトに持ち運べるから、幅広いシーンで活躍してくれますよ。

▼phenixオンラインストア
Bergalga 3L Jacket
Rippled Gingham L/S Shirt
Bergalga 3L Pants
Seil Work Cap
South Rim 2.5L Poncho
Trient Shirt
Broad Booney
DEOSEAM® Stuff Bag (5L)
EPIC® Wind Jacket
Fern 2.5L Coat

Photo:Kengo Shimizu
Styling:Keisuke Kinoshita
Text:Masato Kurosawa
Edit:Rhino.inc

  Online Store