Maintenance

スキーウェアお手入れガイド

衣類はご使用いただくにつれ、
新品の状態が失われていくことは避けられません。
快適にご使用いただくためにウェアのお手入れにお役立てください。

1.
はっ水性はもとに
戻らないのですか?

はっ水性が低下してしまう原因は、主に3つあります。
その原因それぞれにはっ水効果を回復させる方法があります。

Case1

生地表面のはっ水剤の上に、
汚れが付着してしまった。

汚れははっ水の大敵です。汚れの付着によっては、はっ水加工である「はっ水基」が倒れてしまい、汚れ自体が水を吸ってウェアが濡れやすくなります。汚れをきれいに落とし、すすぎをしっかりすることで、「はっ水基」を起こすことができます。
シーズン中でクリーニングを出す時間がない場合は、ウェアの汚れを濡れた白布でたたくように拭いてから、白い当て布をのせ、アイロンのスチームをかけるかドライヤーで熱風乾燥をしてください。はっ水加工剤は熱によって効果を回復する性質があり、適度なはっ水性が復元します。それでもはっ水効果が回復しない場合は、クリーニング店でクリーニングとともにはっ水加工をご依頼ください。

Case2

生地表面のはっ水剤摩擦によって
はがれてしまった。

リュックを背負ったり、粗い面のリフトに座ったり、アイスバーンで転倒したりなど、摩擦を繰り返すことではっ水剤がはがれてしまう場合があります。生地にケバ立ちが発生してくると、はっ水加工剤がくっつきにくくなります。そのような様子が見られましたら、早めに再加工していただくと、快適にご使用いただけると思います。

2.
ウェアの洗濯は、
どのようにすればよいのですか?

クリーニング店での
クリーニングをオススメしています。

家庭用洗濯機でのお洗濯や脱水はおやめください。防水性の高いウェアは、洗濯機の洗濯水の上に浮いて摩擦で損傷することもあります。汚れがしっかり落ちず、すすぎもうまくいかないので洗剤がウェアに残り、変色したり、はっ水が効かなくなったりします。 また、脱水時に洗濯機の異常な回転が起こり、ふたがはずれたり転倒したりする事故の危険があります。

ウェアに付着する汚れは、油性(リフトの油、口紅など)と水溶性(汗など)の2種類に分類されます。雪自体も汚れを含んでいますので、ウェアはきれいに見えても結構汚れています。付着した汚れは、時間がたつと落としづらくなることや変色することがあります。早めにクリーニングに出して汚れを落とすこともお手入れのコツです。

3.
ウェアの保管方法を
教えてください。

光のあたらないところで、
ハンガーに吊るして
保管してください。

保管の前には必ずクリーニング店でのクリーニングとともにはっ水加工をご依頼いただき、きれいにするとともに次回以降のご着用のケアをしましょう。ウェアはきれいに見えても意外と汚れています。そしてクリーニングから戻ってきたら、必ずビニール袋から出して、風通しの良い日陰で半日程度干し、溶剤のニオイがなくなってからしまいましょう。

  Online Store